薬剤師の転職需要について

薬剤師の転職需要について

最近、新聞の折り込みチラシなどで薬剤師転職の情報をよく目にします。転職を考えるときには、需要はあるのか、ということは大変気になることのひとつですよね。薬剤師転職の需要はどうなのでしょうか。2006年4月に導入された薬学部の6年制という制度。これにより2年間、薬学部卒業生がいなくなるという状況が起きてきました。現在の薬剤師不足、薬剤師転職の求人の増加はこれが原因で起きているのでしょう。しかし、ここ何年かで薬学部の新設が増えていて、定員も増加しました。初の6年制の卒業生が出た後は、毎年薬剤師の登録数が増加していくと予測されています。それにより、将来は薬剤師余剰となる可能性が高いとも言われています。また、2009年度からは「登録販売者」という国家資格が創設されました。今までは調剤を行わない一般販売業においても薬剤師を配置しなくてはいけなかったが、この資格ができたことによって、薬剤師しか販売できない第一類以外の第二類、第三類の医薬品をドラッグストアやコンビニで登録販売者が販売できることになりました。そのため現在ドラッグストアなどで働いている薬剤師の需要はかなり減る可能性が出てきます。ただ薬剤師の仕事は、病院、薬局、ドラッグストア、製薬会社等多岐にわたっています。現状では、就業内容、待遇などをみてもまだまだ需要がありそうです。もし薬剤師転職を考えているなら、就業、待遇だけでなく、これからくる薬剤師余剰等の現実にも目を向けながら検討してみてください。

新着情報

おすすめサイト

関連情報